自己破産後からはじめる投資生活

2017-08-17ブログ開始。投資報告や思いついたことを書いていきます

1/11 市場分析

お疲れ様です,あすかです。

市場は年始から情報が入り乱れており,どれが正しい予測なのか読みにくい状況になっています。

ただ,米の公聴会で「音楽が鳴っている限り踊り続けないといけない。」との発言は真理を突いていると感じました。

要するに止まると死ぬ(経済が)

ということです。今少しでも金融引き締めをやらないと,取り返しのつかないことになる。でも,止まるに止まれない。米国は株高の狂乱から降りることができなくなってしまった,という発言でした。

f:id:winneroflife:20180111234320j:plain

 金融市場が日銀の動きに神経質になっている。前日、超長期国債の買い入れオペが減額された「余韻」が残り、10日の市場では円高・株安・債券安が進行。円ショート巻き戻しなどポジション調整の後付け的理由に使われただけとの見方もあるが、日銀の政策修正に対し、敏感になっている今のマーケットの様相をありありと示した反応となっている。

日銀オペ減額にざわつく市場、政策修正に神経質な様子ありあり | ロイター

 とのことで円高がとても進行しました。

これは発表が遅かったですが,僕はステルステーパリングを黒田総裁が画策していたのは見抜いていたので(ソースは過去記事),全く驚かないです。

 

というか,ファンダ見ている人たちは全員わかってたはず。

 

また,中国政府が米国債の購入を縮小という憶測も流れました。(後に中国政府筋が否定)

日経

f:id:winneroflife:20180111235956j:plain

日経は短期の海外筋が利益確定売りに走った1日でした。

たしかに僕が持っている銘柄も数日で1%上昇という状況になってて上がり過ぎです。

 

コロプラが大幅安です。

任天堂との裁判沙汰でなってますが

「任天堂がプラットフォームの技術を,多数の企業が使用していて,もともと協議中だった。その中でコロプラが一抜けして勝手に特許申請して,任天堂から再三注意されるもコロプラが無視し続けた。任天堂が提訴。」というのが大筋らしいです。

特許侵害での訴訟という事ですが,コロプラの自己中っぷりがさく裂したため,同情の余地はない。

 

僕は和解に向かうと踏んでます。

NYダウ

 

f:id:winneroflife:20180112001134j:plain

ダウは大統領がNAFTA(北米自由貿易協定)を離脱するのではないか,との懸念の中で値動きが激しい相場となりました。(明らかに過敏反応ですが)

中国の米国債購入縮小というフェイクニュースがブルームバーグから出た瞬間米国債利回りは10ヶ月ぶりの高値につけました。

途中から,それがフェイクニュースだと気づき,正常化しましたが…

経済指標の発表が少ない週はニュースが判断基準になってきます。

 

みんな瞬間最大風速を警戒しているのが,分かります笑

でも,フェイクニュースには気を付けたいところです。

 

↓よければクリックお願いします(´艸`*)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


インデックス投資ランキング