自己破産後からはじめる投資生活

2017-08-17ブログ開始。投資報告や思いついたことを書いていきます

9/20 市場分析(衆院解散早める理由が判明)

お疲れ様です,あすかです。

f:id:winneroflife:20170920222124j:plain

予想通りなのですが

案の定,ドル円相場は固定されつつあります。円高材料が少しだけ出ました。(後述)

今日の気になるニュースはこちら

金持ち多すぎ。まぁ今の世の中,「経済格差=投資してるかどうか」なので,投資している側の人間としては,納得のできる内容です。投資してないのに景気の良さが実感できるわけもなく笑

 

相場自体はあまり何もないのですが,

今日は特にポリティカルな部分で特筆すべきことが出てきました。

では,見ていきましょう。

日経

f:id:winneroflife:20170920223235j:plain

前日の米国株上昇と円安基調により,堅い上げを見せてくれました。

米連邦公開市場委員会(FOMC)に向けての様子見のための利確も多く,目立ったプラスではありませんでした。

 

リスクオフ気配を見せたのはこのニュースです。

トランプ氏が北朝鮮の「完全破壊」に言及した際、議場からはどよめきが起きた。北朝鮮の国連大使も演説途中で抗議の退席。こうした場面もトランプ氏の強い姿勢を際立たせた。 

「完全に破壊するしかないだろう、ロケットマンは自殺行為をしている」

 北朝鮮を完全破壊とか恐ろしすぎるw

これを国連で言うあたり,トランプ大統領の凄さが伝わってくる。国連を味方につけたらアメリカの勝ちですね。

にしても,北朝鮮大使が退席するさまが「劣化版大日本帝国,国際連盟脱退」を想起させました。

 

そして,追加ニュースがこちらです。


米軍による攻撃日時が確定したために,衆院選とかぶらないよう前倒し解散をすることにした」という内容です。

確かにありえる話です。

先ほどの完全破壊という単語とも一致するものがあります。

 金正恩体制なき後の北朝鮮をどのように取り扱うのかという戦後処理など、長期安定政権でなければ対応できない問題に直面することになるでしょう。安倍首相は、危機で日本を漂流させないために解散総選挙を決心したのではないか、という見方も広まっています。

 うん,なるほど!これは全国民が納得できる解散理由だ。

え,国民は解散を反対してないけど,市民が反対してるだって?

知るか

NYダウ

f:id:winneroflife:20170920223226j:plain

ダウは債務上限問題など様々なリスク要因を乗り越えました。あとはFOMCだけです。

昨日言ったようにバランスシート縮小の話と,あと

イエレンFRB議長が最近のインフレ傾向をどう見ているかに注目が集まっています。

 

しかし,今後の利上げについての言及はないのではないかな?と思います。

 

トランプ大統領の減税政策も気になっています。

↓よければクリックお願いします(´艸`*)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


インデックス投資ランキング