自己破産後からはじめる投資生活

2017-08-17ブログ開始。投資報告や思いついたことを書いていきます

9/12市場分析(反発も先物のみで現物株は極少)

f:id:winneroflife:20170912215517j:plain

僕はこの円安を見て,「あ,今月の積み立ては無しだ」

と思いました笑

リスクオンにスイッチしてるように一見見えますが,実際のところどうなんでしょうか。

見ていきましょう。

日経

f:id:winneroflife:20170912215954j:plain

僕はこれを見てまるでW定額のようだ,と思いました。

僕の同僚も,注文買いを仕込んで暴騰のお手伝いをしていたようです。職場でめっちゃ盛り上がりましたw

 

ただ,海外投資家が買い戻しただけで,我々長期投資家の中で買い注文を入れた人はいないはずです。

特に足元では、8月第4週までの6週間で現物が7048億円、先物が1兆3812億円と、先物が現物の約2倍売り越されている。直近の8月第5週では、先物が1542億円の買い、現物が613億円の売りと、その方向性は反対だった。(ロイター) 

 というように,先物が先行していてファンダメンタルは堅調といえど,北朝鮮リスクは依然として残ったままで,現物を買う人は少ないです。。これからどうなるのでしょうか。

 9月は海外勢の売りが出やすい時期。15年、16年と8月の倍以上の売り越し額となっている。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の投資情報部長、藤戸則弘氏は「10月はミューチュアル・ファンドの決算があり、9月は利益確定売りが出たりファンドのリバランスが行われやすい時期」と指摘。日経平均は1万9000円を一時的に割る可能性もあるとみる。(ロイター)

 日経のファンドを買うのであれば買い時は1万9000を割った時でしょう。

それ以外は,日経ファンドを買わない選択をした方がいいでしょう。

あとは,以前記事に書いた”バブル”の予兆。このリスクは復活しました汗

今週店頭に並んでたエコノミストにも興味深い記事がのっていました。読むことをオススメします。

NYダウ

f:id:winneroflife:20170912221501j:plain

ダウも暴騰です。

ダウは完全にリスクオンの気配です。

f:id:winneroflife:20170912222059p:plain

恐怖指数が10.60まで下落しています。

ハリケーン「イルマ」が熱帯低気圧に変わったこと,イルマによる被害が想定よりかなり少なかったことが原因になっています。

アップルの新製品発表会前日による上げもありました。

 

↓よければクリックお願いします(´艸`*)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


インデックス投資ランキング