自己破産後からはじめる投資生活

2017-08-17ブログ開始。投資報告や思いついたことを書いていきます

英国が朝鮮半島有事を重要視

こんにちは。今日はこの記事を書き終わった後,メガ恐竜展に行ってきます。一人で泣

 さて,いきなりタイトル回収です。

 英国が朝鮮半島有事を重要視

記事の引用です。

メイ英首相が30日に来日する。3日間の滞在期間中、安倍晋三首相との首脳会談、天皇陛下との会見が予定されているほか、財界関係者らと会い、国家安全保障会議(NSC)にも参加する方向。メイ首相は、日本が欧州連合(EU)と大筋合意した経済連携協定(EPA)を土台として、将来の日英の自由貿易協定(FTA)の締結につなげるため日本側に働き掛けを強める構えだ。

メイ英首相が来日、首脳会談で貿易交渉に意欲か

 なぜ,今なのでしょうか?

訪日が発表されたのが2週間前で,急きょ決まった感じがします。

イギリスがEUを離脱(ブレグジット)してから,数々の経済問題が浮上しています。それは昨今起こった問題ではありません。

それでも急に来るには理由があります。

それは,「朝鮮半島有事に全面協力するかわりに経済的な見返りを日本に求める交渉だったのではないか。」と。

007でおなじみのように,イギリスは諜報の古参です。

イギリスが動き始めたのはいよいよ来るか!と思ってしまいます。

8月の相場を振り返ろう 

日経

f:id:winneroflife:20170902110535j:plain

今月は僕が投資を始めて以来の下落相場でした。でも,狼狽はありませんでしたね。勉強って大事ですね。

序盤は,7月米雇用統計が2ヵ月連続で好調だったことによって円安に進みました。また過去の雇用数も上方修正されたことが、円安ドル高になった要因で,株価も堅調です。

とにかく日経は国内での主要な出来事はミサイルぐらいで。あとは,ダウと連動してました。

 ダウ

ダウも序盤は堅調でした。

ただ,そこからスランプに入ります。

・8月11日北朝鮮によるグアム沖へのミサイル発射実験の発表

・8月17日スペイン・バロセロナでのテロ

・8月23日トランプ大統領によるメキシコ国境の壁発言

などにより,一気に下がります。

これらのニュースは突発的に起こるものであり,寝ている間に発生してしまったら,すでに市場は「織り込み済み」になっています。(気が付いた時は市場価額が動き終わった後という手遅れ状態)

ファンダメンタルズ(指標など)を目安に取引している人は円高円安の乱高下に悩まされた1ヶ月となったでしょう。

こういった時にインデックスは強い!

9月の予想ですが,9月20日・21日に控えているFOMCの政策金利発表が明らかに乱高下が分かっているイベントです。 北朝鮮しだいで僕の発言も二転三転しますが,今のところ9月は様子見でETFですかね…VTにするかは不明,VOOも視野に入れてます。

 

ではみなさま、よい休日を!

↓よければ応援クリックお願いします(´艸`*)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


インデックス投資ランキング