自己破産後からはじめる投資生活

2017-08-17ブログ開始。投資報告や思いついたことを書いていきます

銀行カードローンで自己破産続出/の記事を見て

2chにて紹介されており,気になる記事があったので斜め読み(てか,共産党の記事じゃん笑)

 この記事の最後にリンク貼ります。

 

 

おおまかに説明すると以下の通りです。

 銀行カードローンとは

 銀行カードローンは銀行が発行する専用カードを使う消費者金融の一種。

 各銀行が定める利用限度額まで無担保で借り、事業目的を除き自由に使える。

 最高金利は三井住友銀行14・5%、三菱東京UFJ銀行14・6%、みずほ銀行14%など。

生活苦が背景に

銀行カードローンの貸付残高は安倍晋三内閣発足後の2013年から急増。16年には5兆4377億円に上り

サラ金など貸金業者の貸付残高2兆5544億円の2倍を超える。

 カードローンを利用する理由は「生活費不足」(38・1%)が多数を占めます。「冠婚葬祭費」(6・5%)、「医療費」(5・6%)、「住宅ローンの支払い」(4・1%)を合わせると、54・3%が生活に困って借りていることになります。(金融庁「貸金業利用者に関する調査・研究」)

以上(ここから安倍総理叩きが始まるくだらん記事になります)

あすかの私見

まぁ僕が思うのは,銀行って金儲けに走って,顧客の金融リテラシーを維持する気がないよね。

だって,うざいぐらいATMで広告を表示してるもの…

UFJにいたってはATMで阿部寛がカードローン推奨という異常事態。

 

 

阿部寛などイメージアップ戦略を駆使し,新規の多重債務者が激増しているとみていいでしょう。アコム,アイフル,レイク,プロミスの合計額の2倍を超える貸付残高…

 

ローンという名前もやめるべき!家のローンとは意味合いが違う。家のローンと同じ感覚で借りると地獄をみる。なにぶん利率が高すぎる。

結論

実体験から言わせていただくと,カードローンに手を出した瞬間から人生が下降していると考えた方がいいです。

だって資産のリスク管理ができていない証拠なのだから。

カードローンに手がのびている時点で家計が破たんしているので,今すぐ家計を見直して欲しいと思います。

僕の場合は,給料が変わらないのに,毎月の貯金が0円(むしろマイナス)から10万円以上になりましたから…

僕的に「健康で文化的な生活」を送るには家賃を抜いて1人当たり6万円あれば十分だと言えるでしょう。それ以上は使いすぎです。むしろ6万もあればプチ贅沢まである。

 

いつか節約脳の作り方と節約の具体例も記事にしたいと思います!

↓共産党の記事のリンク

銀行カードローンで自己破産続出/高まる批判 規制求める声

 

↓ランキングが下降気味でして…泣

よければクリックお願いします(´艸`*)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村