自己破産後からはじめる投資生活

2017-08-17ブログ開始。投資報告や思いついたことを書いていきます

投資家が必携すべきアプリ

日本最強家計簿アプリの真の使い道

「なんだよ家計簿かよ」と思った方ストップ!今から紹介する家計簿アプリは投資家必携の真の使い道があるのです。最期まで読むことをおすすめします(-ω-)

僕はすでに家計簿として使っていません!

 

 

日本最強の家計簿アプリ

f:id:winneroflife:20170822224632j:plain

もちろん家計簿単体でみてもかなり優秀であることは間違いありません。では、見ていきましょう。
それが、こちらの「マネーフォワード」です。

家計簿としての機能

家計簿の画面はこのようになっています。

f:id:winneroflife:20170822224645j:plain

現金での支払をした場合,手動入力で「何円」「分類(交通費とか)」「店名(交通機関名)」を入力する必要があります。←とてもめんどくさい汗

 

しかし,スーパーで買い物をした場合,レシートの写真を撮るだけで自動入力されます。電子マネーで支払った場合は何もしなくても自動入力されます。

今はマクドナルド,ミスタードーナツだけでなく本屋も電子マネー決済が出来るところが増えました。ポイントも付くので積極的に電子マネー決済オススメです。僕はWAON派です笑

f:id:winneroflife:20170822225456j:plain

 

さらに,銀行からの引き落としの場合,即座にマネーフォワードの画面にどこから何円引き落とされたか表示されます。さらにさらに,引き落としがあった場合,メールが届きます。

当然,光熱費も引き落とされた際に,光熱費の分類に勝手に入力してくれています。↓

f:id:winneroflife:20170822224642j:plain

何もかも自動でやってくれる(現金決済以外は)

楽ちんですね!

なので面倒くさがりな僕でも100%入力が可能でした。

 

家計簿以外の使い道

僕が家計簿をつけるようになったきっかけは2つあります。

固定費を洗い出す。

・人間って最低どのぐらいあれば生きていけるんだ?

マネーフォワードのおかげで6月と7月の家計簿は完璧に入力できました。なので,固定費の見直しや健康で文化的な生活を送るのに何円必要かすぐにわかりました。

「さてアンインストールしよう」と思った矢先…

 

これ証券会社の口座も登録できるじゃん!ってなったわけです。しかも現金余力だけでなく投資信託の評価損益込み,ETFの自動円貨計算まで全てやってくれる。ひふみ投信の評価損益まで自動で表示してくれるやん!

f:id:winneroflife:20170822224637j:plain

 

それも込みの金融資産の全残高を自動で合計して表示してくれます。

さらにさらに,金融資産のポートフォリオまで教えてくれます。(ちなみに僕は現金47%,ETF7%,投信45%です)

f:id:winneroflife:20170822224644j:plain

 

ここには書ききれないぐらいサービスが充実していますので,インストールおすすめです。

おまけ(というかこれが最強)

複数名義の口座が登録できます。たとえば主婦の方が家計簿をつけている場合,リアルタイムで旦那の口座の預金残高が捕捉できます!

しかも,1万円以上の出金があった場合,メールが届きます。

1万円以上の出費なんかめったにないですからね…すぐに尋問できます。「キャバクラか?浮気か?風俗か?パチンコか?」という感じで。おー怖い。

給与の振込口座を登録しておけば逃げ道はなくなるでしょう。

もっと詳しく見たい方は

4つの特長|家計簿アプリ「マネーフォワード」

を参照してください。

 

↓応援タップよろしくお願いします(´艸`*)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村