自己破産後からはじめる投資生活

2017-08-17ブログ開始。投資報告や思いついたことを書いていきます

連日ダウ続落,原因は?(次は何に投資すべき?)

トランプ大統領の政策を巡る懸念

17日,18日は連日ダウ工業株30種(NYダウ)が続落しています。原因はトランプ大統領です。

これがリーマンショックのように金融危機による下げであれば警戒すべきですが、政治による下げなので楽観できます

原因は政治不信 

 

 

17日,トランプ氏が米企業首脳で構成する2つの大統領助言組織が解散しました。それと連鎖するように今度はゲーリー・コーン国家経済会議委員長辞任するのではないか?という憶測が広まり,市場は冷え込みました。

それ自体はホワイトハウスから正式に否定されたものの,投資家たちの間でトランプやばいんじゃないの?と本気で思われています。

f:id:winneroflife:20170819093449g:plain

ホワイトハウスからの声明で一時的に戻したものの政治不信から一気に下がっていきます。

さらにバルセロナでのテロ攻撃も追い打ちになっています。

今日の下げの原因は?

f:id:winneroflife:20170819093547g:plain

日本時間18日夜より始まったNY株式市場。とても面白い値動きを見せてくれました。

先日の報道を受け下げトレンド(傾向)に入っていましたが,トランプ側近の辞任で株価が逆に上がりました

 

トランプ氏の選挙戦略を指示し,見事トランプ氏を大統領に導いたバロン氏ですが,北朝鮮戦略で対立し主席戦略官兼大統領上級顧問を更迭されます。

以前から反ユダヤ主義や白人ナショナリズムの思想を持つとして,投資家からはよく思われていませんでしたが…その影響がでました。

市場関係者の一人は「今回の小幅な調整局面は大したものではない可能性もあるが,トランプ政権発足時に抱いた投資家の期待すべてに疑問が深まり,株価修正が引き起こされたのではないか」と語った(ロイター)

結論

例年8月以降からは株価は低調の兆しにあります。しばらくNYダウへの投資は見送りがいいでしょう。

じゃあ何に投資すればいいのか?

現在僕は「i Free NYダウ インデックス」に21万突っ込んでいますが,10月か11月頃まで見送る見通しです。

しかし,積立投資は続けたいので代わりに「vt(ヴァンガード・トータル・ワールド・ストックETF)」に10万円ほど投資しました。今月はこれで様子見です。

 ↓よければクリックお願いします(´艸`*)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村